オガワの腹ん中。

ainiiku.exblog.jp
ブログトップ
はじめまして。
「あいにいく保健室」、小川志津子と申します。

c0241437_10054316.jpg

覚えていますか。
どこか心細い教室で、どうもここにいたくないなーって思って、
保健室のドアをノックした日のこと。

先生と話したければ話せばいいし、
そうでもなければベッドでごろんとしたりお茶を飲んだり、
ちぢこまった心をそれぞれの方法でストレッチして、また教室に帰っていく。

そういう「保健室」が、大人にもきっと必要だと思うのです。

インタビュー記事を書く仕事を、長く続けてきました。
その人の素敵さを、引き出して拾いあげて言葉にする仕事です。
http://www.ai-ni-iku.com

コーチングを学びました。
その人の素敵さを、その人自身に気づいてもらう対話術です。

リフレクソロジーの心得もあります。
これらの宝物とアロマオイルを持って、

あなたの元へ、出かけていきます。

足が重いなら、その足を揉み、
心が重いなら、その心を聴く。

日常の小さな愚痴のかけらから、
いつも行く手をふさいでくる壁の正体まで、
人生を楽しく軽やかにする方法を一緒に考えましょう。

くつろげる場所で、身体をゆったりほぐしたあと、
お茶でもしながら、ちぢこまった心をほどいてみませんか。

おしゃべりだけでも、足揉みだけでもお気軽に。


メニューと価格表は → こちらへどうぞ


[PR]
# by shibe0814 | 2016-10-14 10:00 | あいにいく保健室

日曜8時の大騒動

ついにわたくし、初体験をいたしました。
もはや、うぶな女の子ではありません。

レイバンにアカウントを乗っ取られた!!

目にしたことは、山ほどありました。
知人が、なぜか唐突に、レイバンの宣伝をしている。
のちにそれが「アカウントの乗っ取り」なる代物だと知るわけですが、
まさか、まーーーさか自分がそんな目に遭うはずはないと、
たかをくくってたのでびっくりしました。

日曜8時、テレビの前です。
もちろん『真田丸』を観ています。
いつものように片桐どのが受難続きで胃を痛めており、
ほんっっとうに小林隆は困り役がハマる!
ってうなってたところにメッセージが入りました。

「オガワさん! ツイッターのアカウントが乗っ取られてますよ!」

それは「あいにいく」で知り合った肘折温泉の団子屋さんでした。
私がなにか書き込むと、彼は真っ先に「いいね」をくれます。
どんなにコドクなつぶやきでも、彼は必ず受け取ってくれます。

あ……あかうんとのっとり??

ここで、すべきことはひとつです。
私は団子屋さんにメッセージを打ち返しました。

「ど……どうしたらいいの??」

すぐにパスワードを変えて、
それからレイバンがらみのツイートを全部消すように、
との司令がくだりました。

……よし。パスワードね。わかった。

あわててツイッターを開くと、すでにフォロワーさんから、
「乗っ取られてますよツイート」がいくつか入っていました。

そこへメールが、ぴーん、と音を立てます。
「オガワさんどうした! すごい勢いでサングラス宣伝してるぞ!」
映画B学校でお世話になってる監督さんでした。
冷や汗がごうごうと濁流をなします。

自分のツイートが表示される画面に入ったら、
「ツイートと返信」ってところをクリックするようにと監督は言います。
そのとおりにクリックして、のけぞります。

レイバンの広告でまっかっか!!

ひえーーー!!

あわててパスワードを変えます。
そして教わったとおりに、

タイムラインを埋め尽くす真っ赤なツイートを、
1こ1こ、手動で消去。

レイバンの暴走は収まったようでした。

レイバンなんて……人生で出会ったことなんてまるでないよ……
サングラスなんて大門かシャネルズのもんだと思ってたよ……

……『西部警察』も日曜8時でしたね。今気づいた。

というわけでわたくし、「レイバン・バージン」を脱しまして、
ようやく、一人前のネットサーファーとなりました。

皆さんパスワードはがんがん変えましょう。
そして、自己判断で収束を図るんではなく、
詳しい人の知恵と力をどんどん借りよう。

皆さんほんっっとうにありがとう。
お騒がせしました。




[PR]
# by shibe0814 | 2016-10-10 23:01 | オガワの腹ん中
「保健室」関連のエントリーは → こちらへどうぞ

他者から自分に許された、与えられた方向ではなく、
自分が行きたい方向に進むのだという決意は、

両手にいっぱい手みやげを持って、
私の前に現れました。

まず、「自分は今これをどう思うのだろう」を瞬間ごとに考える条件反射力。
今私がしたことは正直? 今書いたことは真意?
あれ、なんか気持ちわるいね、これって何だろう?
あ、今はうれしいね、どうしてだろう?

一瞬ごとにそれを自分に問いながら、
メールを書いたり、ブログを書いたり、
人と話したり、しています。

わりとたいへーーん!(爆汗)

また、自分に正直でいるとなると、「好きなもの」だけでなく、
「きらいなもの」もはっきりと認識するようになるので、

あーやだな、今すげー悲しいな、むかつくな、
なんでだろう、やだどうしよう、ほんっとうにだいきらいみたい!

そんな感情が以前より、ずっとビビッドに訪れます。

「いなばの白うさぎ」って昔話があるじゃないですか。

サメ(だっけか?)をからかって怒らせて、
白い毛皮を全部ひんむかれて、
潮水に浸けられて、しみてしみて、
潮風に当てられながらひーひー言ってる白うさぎ。

あんな状態です、今たぶん。
なんかもうえらい勢いで「むき身」にされちゃったから、
ほんのちょっとのそよ風が痛くてたまらない。

そうするとね、作り笑顔とかをする余裕がなくなっちゃうんです。
悲しい時は涙が出ちゃうし、苛立った時は声がふるえる。
それが隠せないの。こぼれちゃうんです。

たぶん限界まで来てたんだと思います。
みんなに、すみずみまで、温和で柔和なオガワさんをやってくのが。

大好きな人を見かけても、人に囲まれてたらそっと身を隠し、
ひどいこと言われても、その瞬間は笑ってごまかし、
笑顔で別れて、帰りの電車の中で初めて
「……今ひどいこと言われたんじゃない私!?」って気がつくとか、

そういう筋肉疲労が募って、壊れて、
「第二形態」(©シン・ゴジラ)がよーやく始まるんだと思う。

言い方を変えれば、私が「すみずみまで温和で柔和」じゃなくても、
それでもそばにいてくれる人は、宝物なんだと思う。

私は、作り笑いで一時的な平和に安心して暮らすのではなく、
まっしぐらに宝物がほしい。とてもとても、ほしいのでした。



[PR]
# by shibe0814 | 2016-10-08 14:03 | オガワの腹ん中
足揉みを受けると具体的に何が起きるのか、
足揉みを受けたことのない方にはよくわからないとの声を受けました。

じゃあもう、とっておきの写真を、出しちゃおうと思います。

実家に帰るたびに、私はハハの足を揉みまくるのですが、

これが、揉む前。
c0241437_16171744.jpg

そしてこれが、揉んだあと。

c0241437_16172323.jpg

どーーだこの血色ー!(笑)

日頃揉まれ慣れてないハハが必ず言うのは、
「じんじんあったかくなってきた!」と、
「指先まで床を感じる!歩きやすい!」と、
「終わると、こてっと寝ちゃうのよね」です。

保健室帰りに「靴がゆるい気がする!」って言った人もいたな。
ほんとかよー、って笑ったけど、ほんとはとってもうれしかった。

これから来てくれる方は、必要以上に喜んでいただけると、
調子に乗ってあれこれサービスしちゃう傾向がありますのでね。
大いにおだてあげてね(笑)



[PR]
# by shibe0814 | 2016-10-07 16:23 | あいにいく保健室
足揉み、いいですよね。
私は昨日「受ける側」になって、
今まで自分が苦労してた膝下の施術について、
ずっと楽にやれる方法を教えてもらってしまい、
ちょっとした革命が起きちゃったところです。

さて。
かつて、まだ足を揉まれなれてない頃、
足揉みデビューをする前に私が気にしてたこと、
そしておそらく多くの乙女(年齢問わず)が気にするであろうことについて、
今日は書いてみます。

いくらか興味を持ってくださる方が、
口を揃えておっしゃることがあるのです。

「そんなに毎日ちゃんと手入れしてないから、
 ごわごわだし、汚いし、見せるのも触られるのも恥ずかしい」。

……これねー、私もかつて随分長く抱いていて、
足揉みデビューがなかなかできなかった身です。

結論から言います。やる側になってわかったことですが、
いろんなおみ足を、何本も何本も相手にしていると、


そんなこと、どーーーーっっでもいい!!


ほんと、どーーでもよくなります。
足がキレイだろうがそうでなかろうが、
自分でびっくりするくらい、どーーーっでもいいの。

むしろね、見たことのない足裏を前にすると、
燃えるですよ。任せろ!って思う。


これはこのことに限らず、最近とみに思うことなのですが、

人は、自分が思ってるより何十倍も、
私のことなど、どーーでもいいのだ。ってことです。

いじけてるんじゃありませんよ。
むしろこれは勇気です。
人は、人の生き方を、とくに頓着しない。

だったら、胸張って足を投げ出して、
気持ちよくなる方を選ぼうじゃないですか。


ちなみに、うちでお受けいただく方は、
どうしても気になるようでしたら、シャワーをお貸ししています。
心ゆくまで洗い流して、心置きなく、席に着いていただいています。

気が向いた方は、こちらまで。
info@ai-ni-iku.com



[PR]
# by shibe0814 | 2016-10-07 10:36 | あいにいく保健室

お疲れ気味のあなたのもとへ行き、足を揉んだり話を聞いたり、ちょっと元気になってもらう「旅する保健室」の小川志津子がいろいろと書いてます


by 小川志津子