人気ブログランキング |

オガワの腹ん中。

ainiiku.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

胸をはって借りを作る!

今日は思いっきり「腹ん中」します。

トラウマ、なんていうと大仰ですけど、
過去の体験が、何年経っても影を落として、
その先へどうしても踏み越えられないっていうことが、
きっと誰にもあるような気がします。

私はね、自己肯定が下手なんです。
まわりの人たちがいくら「しーちゃんいいよ!」「面白いよ!」って言ってくれても、
ひとりになると、すぐ心がしぼんじゃって、
私はなにもできない、できていない!っていう気持ちになっちゃう。

考えました。
なんですぐしぼんじゃうのか。
「周囲はイイネと言ってくれるけれど、
 外へ出ようとすると拒まれる」光景にはとても既視感があります。

それについて、今日はちゃんと書いておこうと思うのです。

私が大学を卒業した年。
ちまたは「就職超氷河期」だかなんだかで、
どこへ行っても、少しも受け入れてもらえませんでした。

友人や、就職課の先生は言ってくれるのです。
「オガワさんにはこんなにいいところがあるんだから、
 それを受け入れてくれる場所がきっとある!」

……ねーのよ。
そんなとこ、ぜんぜんねーの。

卒業してから半年後、ある演劇誌の編集アシスタントの椅子を許され、
でも多忙期のみの勤務だったから、半月ずつ通販電話受付バイトと掛け持ちしながら、

親が買ったワンルームマンションに住んでいました。

まわりには「親戚の持ち物で家賃は払っている」と見栄を張ったけれど、
でも実際は、家賃は全面的に免除でした。

恥ずかしくてね。それがとっても。
「うわあ、お嬢さんなんだねー!」って言われちゃうことが、
とてもとてもコンプレックスでした。

それでも預金残高が危機を迎えることがたびたびあって、
そのことを母に打ち明けるといくらか振り込んでもらえてるっていう、

「経済的宙ぶらりん状態」がここから始まります。

2年でその演劇誌を離れ、とある週刊情報紙の編集部に入ったけれど、
まるで、まるで水が合わず、
ほんっっとうに使いものにならなくて半年で契約解除。

「外の世界では私は使いものにならない」という認識のまま、
私はフリーライターになりました。

「宙ぶらりん」はその後も続きます。
ていうか、言っちゃえば今だってそうです。
フリーライターという「いつ仕事が入るかわからない人間」を置いてくれるアルバイト先など見つからず、
見つかってもつぶれちゃったり切られちゃったりで、
よし本気出すぞと飛び込んだリフレクソロジーのバイトも研修受けただけで脱落。

ずーっと、ずーーーっとうしろめたかった。

今の私は、ほぼ無職です。
ライターのお仕事はほぼ請けていません。

来月はまあギリだけど、
再来月の家賃をどーするんだか、まるで見えてません。

「このご時勢、みんなそうだよー」って誰かが言います。
「縛られるのが嫌だから自分で安定を手放したんでしょう?」とも。

そうなんです。
でも、私は、それを楽しめてない。
なぜなのか。

「最初に拒絶された」という強い実感が、
常に根底にあるからだと思うのです。

見渡す限り、どの人もみんな普通に仕事に就いているのに、
私は社会から、他者から、許されていない。

悲しい。とても悲しい初期値です。

今日、足もみさせてくれた友人は、
「命のお金」っていう言い方をしてくれました。

「私はね、しーちゃんの命が輝ききるために、
 このお金を使ってほしいの」。

そう言って、足もみ料を手渡してくれました。
きれいなカードとラッピングを添えて。

「どーしてしーちゃんがそんなに自分を責めるのかわからない!」
そうも言われました。
「しーちゃんが今持ってるすべてがリソースなんだよ!」

「リソース」の意味をこっそりググったのは言うまでもありません。

でもね、その友人が包んでくれたお金は、
家族みんなが暮らしていくための、「命のお金」の一部なんです。

ごめんなさい、って思ってしまった。とっさに。
そしてそのことにまたごめんなさいって思った。

胸を張らなくちゃ。
私の「リソース」を信じてくれる人たちがいる。

今はちょっとずつ、これからの「保健室」活動には、
私のこれまで全部が「使える」らしいとわかってきました。

閉じなくてはいけないと思っていた、インタビューライターのキャリアでさえもです。

それだけで食べていくには時間がかかるだろうけれど、
でも、それでもそっちに向かって走りたいと思っています。

どうなるんだろう。
わからないけど、でも、ひとつだけ思ってることがあります。

これから私は、人の力を借りまくって生きていく。

人と交わって、関わって、
迷惑だってある程度かけちゃって、
そのたびに「ありがとう」を噛みしめながら。

誰にも迷惑かけない人生より、
「ありがとう」にあふれた人生のほうが、きっと豊かだ。

知人友人の皆さま。
こう見えて、これは私の、一世一代の大冒険です。
どうかご覚悟をー!



by shibe0814 | 2016-09-27 19:39 | オガワの腹ん中
いやー終わった。終わってしまいました。
CTIジャパンさんの「コーアクティブ®︎・コーチング」応用コース、
最後のプログラム「シナジー・コース」を先ほど修了いたしました。

c0241437_00391782.jpg

最初の「基礎コース」から、「応用コース」の4つのコースを終えるまで、
合計104時間ですって。104時間、のべ80人ぐらいの人たちと、
たとえば1対1で対話して、終わったら輪になって、その実感を語り合う、
そんな時間をめちゃめちゃ繰り返したわけです。

あの輪の中に、身をおくとね。
ひとりでおうちで百万回考えてもわからなかったことが、
いきなりものすごい濁流になって、流れ込んできたりします。

「できないこと」「できるようにならなきゃいけないこと」でいっぱいだった胸中が、
「すでにできること」「持ってるもの」でいっぱいになります。

私の今の状況を、うっすら知ってる仲間たちは、
私とペアになるたび、何だろう、言語外に何らかのメッセージをまとわせて、
私に対峙してくれるのです。

……あれ。
「闘え」って、言われてる?

「殻を破れ」「そしたらちゃんと自分をいたわれ」。

「楽しそうにしてる人の指先にこそ、人は集まる」。

かー! くはー! って思います。
そうか、私は、
「理解してくれると思っていた人にさえ案外伝わらない」ことにめげていたけれど、

向かうべきベクトルは、まるでそっちではない。

……このことをね、覚えていたい。覚えていたいんです。
忘れちゃうんです私の心は。ひとりでいるとね。
自力だけでなんとかしなくちゃ、って思ってしまう。

ここからは、あの「輪」がない日々が始まります。
人生の尺で言ったらそっちの方が長いです。

どうするんだろう。どうするんだろうね私。

大崎で、浅草橋で、
あるいは「やきとりテツ」でともにいてくれた皆さんありがとうございました。
私にできること、持ってるものを、全面的に使い尽くします。
2月から今日までのコーアクティブの日々は、
私の、ぶっとい、スタートラインなのです。

by shibe0814 | 2016-09-26 01:09 | オガワの腹ん中
こんにちは。
「あいにいく保健室」、始動して2週間が経ちました。
今はまず、
「オガワが会いたいと思う人に、ご案内を送りつける」のステージにいます。

懐かしい、大好きな名前をひとつひとつ眺めます。
その人としでかしたこと、出くわしたことを思い出します。
ああやっぱり大好きだ。そう思います。
だからメールする。ただし、肝要なのはここからです。

レスが、ない場合。

ここはもう腹を割ってしまいますが、
弱い私は、もちろん、とてもさびしいです。
ああ大好きな人に警戒させてしまった、と思うし、
私のあの気持ちは全部片思いだったのか!と、
そんなふうにも、思ったりします。

それは、しーちゃんの思いすごしだよと、
言ってくれる人が複数います。
しーちゃんのことが嫌いなわけじゃなくて、
その人の今がたまたまそういうタイミングじゃない、
っていうだけのことだよと。

「しーちゃんは、誰かから許されたいんだねえ」。
そうも言われました。
ええもう私は、どこでもいいし誰でもいいから、
「そこにいること」を許されたい。喜ばれたい。

こんな私がそんなことを望むなんて思いあがりだ、
と10代の頃から呪文のように念じてきたけど、
でも、やっぱりそれがほしい。ほしいんです。

ようやく、そう言えるようになったんです。

それが言えない人がね。
きっと、少なくないと思うんですよ。
「自分にはそれを望む資格がない」。
だから、今この人生を粛々と重ねていくしかない。
つまんないけど。くるしいけど。
でも自分にはそれしか許されていないのだから、

私は、何も、ほしくないです。

……みたいに生きてる人が、きっと少なくないと思うの。

そういう人に出会いたい。
そういう人をあたためる保健室でありたい。
そんなふうに思います。

ポイントカード、つくりましたよ。
いつか会いましょうね。
c0241437_16180393.jpg


by shibe0814 | 2016-09-21 16:17 | あいにいく保健室
2016年10月14日以降の新しいごあいさつとメニュー表 → こちらへどうぞ


はじめまして。小川志津子といいます。
2016年9月、大人のための「保健室」を始めました。

c0241437_14513870.jpg

覚えていますか。
どこか心細い教室で、どうもここにいたくないなーって思って、
保健室のドアをノックした日のこと。

先生となにか話をしてもいいし、
したくなければベッドで少し休んでいけばいいし、
それぞれ、少しだけ気分を変えて、自分の教室に戻っていく。

そういう保健室に、なれたらと思うのです。
「作る」んじゃなくてね。「なる」んです私が。

長らく、インタビューライターの仕事をしてきました。
初対面の相手に向かいあい、ゆっくりふわりと心をひらいてもらって、
その人の「素敵」を引っぱりだしては伝える仕事。

いろいろあってリフレクソロジーを学びました。
タイ古式マッサージの、肩首背中の施術もです。

それから、コーチングの勉強も。
「あなたはあれとこれとそれも持ってるじゃないすか」って、
その人の持ってる「素敵」を大切に思い出してもらう対話術です。

これらの宝物を持って、あなたのもとへうかがいます。
たとえばおうちへ。あるいは会社へ。その近くへ。

足が重いなら、その足を揉み、
心が重いなら、その心を聴きます。

お代は、終わった時点で、
「これだったらこれくらい出してやってもいいぞ制」です。

でも、どうしても見当がつかないようなら、
リフレ40分のコースで4000円、いただくことにしています。

おしゃべりについては……そうだなあ……
終わった時、「なんか楽になった」と思ってくれたら、
そのとき、相談いたしましょうか。

……はい、
かなりの手探り状態であることが、今わかりましたね(笑)

ちなみに、
この保健室は、2度でも3度でも、使いたい放題。

今この文章を読んでいる、他の誰でもないあなたに実感してほしいのです。
あなたは、あなたが思ってるよりずっと、すでに素敵なのですよと。

はじめましての方も、ごぶさたの方も。
ここでお会いできたら、またここから、
新しいつながりが生まれるように思っています。

ご興味がもしあれば、遠慮なくこちらまでお声がけくださいね。

info@ai-ni-iku.com 小川志津子


※その他の「保健室」関係のエントリーは → こちらからどうぞ


by shibe0814 | 2016-09-14 00:35 | あいにいく保健室
今日来てくれたのは、「演劇ライター」時代に、
フリーペーパーの編集さんとして知り合った、
ちょい年下の女子でした。

いつの間にかオガワさんのことを好きでいてくれて、
なにかにつけて喜ばせようとしてくれる人です。

今日はね、「誕生日に渡せなかったからー♪」って、
きれいきれいなケーキと、マグカップとコースターと、
おしゃれな茶葉を2つも、持ってきてくれました。

c0241437_03092922.jpg

c0241437_03093032.jpg


仕事でもプライベートでも、
自分より相手を楽しませるぞ!ってことに、いつも全力な彼女。

私より年下とはいえ、会社では「中間管理職」です。
自分のポリシーと、上から求められることとのギャップに、
ちょっと苦心してる気配が見えたけど、

でも話をそっちに向けると、
自分の「正しい」をきっぱりと信じて揺らがないので、
じゃあまあ、今は横に置いとこう。と思って足もみを始めます。
「じゃ、この台に右足を投げ出してくださーい」。

……ここです。非常に興味深い現象が起こるのは。

うまく足の力を抜けない人、
台にだらんと足を委ねることができない人が少なくない!

こないだの友だち夫婦しかり、今日の女子しかり。
これから足を揉むっつってんのに、緊張が解けないんです。

膝下の、すねとかふくらはぎを揉もうとすると、
自分でそっと足を持ち上げてくれちゃうのね。

……これ、それまで育ってきた生活や価値基準と、
実は関わりがあるんじゃないかと思うんです。

とくに、膝に力が入っちゃうなんてのはさ。
「何かあったらすぐ立ち上がれるスタンバイ」でしょう。

もし、横から「おかーさんおなかすいたー」って言われたら。

もし、自分よりも相手が楽しんでくれてるかどうか、
全身アンテナびんびんにする習慣が、全身に染みついちゃってたら。

……ある意味、それが彼女たちの幸せなのだってことはわかりつつも、

でもみんなが、夜、寝る前だけでも、
ただただ自分のためだけに、全身の力を抜いて深呼吸する、

そんな時間を持ってくれたら、いいなあって思ったのでした。
おやすみなさい。


by shibe0814 | 2016-09-11 00:02 | あいにいく保健室

あなたの保健室、始動。

2016年9月5日。
あなたのそばの保健室、始動いたしました。

ひとりめのお客さんは、大学時代の友人でした。
会うのも、ほぼ、それ以来ぐらいぶり。
でもぜーんぜん変わらなくて、でもはっきりと「母」になっていて、
話しても話しても、まだ話したいことがある感じ。

昔ながらの大きなおうちに23歳で嫁いだ彼女。
2人の息子さんを育てながら、
家族生活における自分の生き方について、
彼女はずいぶんもがいてきたようでした。

けれど私のコーチングなんか要らないくらい、
彼女はすっきりした顔をしていて、
自力でたどりついた答えを、私に聞かせてくれたのです。

ダンナや家族に「してもらえないこと」を嘆くのではなく、
今この場所で「できること」をやるのだと。

身体を癒やす、ということについて、彼女は勉強を始めていました。
私が、マッサージを習っているのを、
Facebookで見て、驚いたんだそうです。

まるで別々の道を歩いてきたのに、
似たようなところに立ってるね私たち!

この「移動保健室」という試みについても、
彼女は勇気をくれました。

「こんなにていねいに、自分のためにがんばってくれる、
 その姿を見るだけで幸せ。愛だよこれは!」

ありがとう。こっちこそ幸せだったです。

こんなに幸せなら、
あらゆる旧友を訪ね歩いて足を揉む旅もいいな。


by shibe0814 | 2016-09-06 14:56 | あいにいく保健室

お疲れ気味のあなたのもとへ行き、足を揉んだり話を聞いたり、ちょっと元気になってもらう「旅する保健室」の小川志津子がいろいろと書いてます


by 小川志津子