人気ブログランキング |

オガワの腹ん中。

ainiiku.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

突然の大洪水。

ゆうべは楽しい宴会でした。
ひと月前、コーチングのクラスを共にした級友たちと、
突如集まって飲み会をしたのです。

私たちの結束は、たぶん、今は青春期。
「人の話を受け取る」そして「幸せになる!」という志を共にする人たちに、
出会えたことのよろこびと、互いの新鮮さで、
わりといい年こいてんのに、今のところわーきゃー言い合えてしまいます。

たまにこういう仲間ができてしまうと、
ひとり稼業の私はすっかりはしゃいでしまって、
そりゃもう、しこたま酔っぱらいました。

我に返ったのは、翌朝です。
テレビでは「スッキリ!」が始まってるのに、
私の胃袋はまるでその真逆で、
うーー、うーーーってうなりながら、
他のみんなは果たして無事だろうかって思いました。

会社員の皆さんは、こんな朝でも会社に行くのだなあ。
おかあさんたちは、こんな朝でもおかあさんなのだなあと。

そうだ、みんなは新しい一日を、すでに始めてるんだな今ごろ。
そう思いました。そしたら唐突に飲み込まれてしまった。

これはまぎれもなく恐怖感です。

私は今まで「過去の延長」を生きてきました。
「すでに手の中にあるもの」のみで生きてきちゃった。
小さいころから得意だった、文章を書くこと。
同じく、小さいころから好きだった、演劇を観ること。

でも、そういう生き方には、やがて限界が来ます。
ポケットの中身を一個ずつ出していったら、
そりゃーいつか何にもなくなっちゃいます。

本業は目に見えて失速していて、「力不足」という歴然とした現実と、
「好きだったものたちに拒まれる」という体感ばかりが募ってゆき、
私は今、初めて、「すでに手の中にあるもの」を手放す季節にあります。

そしたらね。
つかまるものがなんにもないの。
宇宙空間にほうり出されたみたい。

そしてね、「つかまるものがなんにもない」というこの景色を、
いま目の前に見ているのは、私だけなの。

かすかな気力で「だれかそばにいてほしい」って願っても、
「ずっとそばにいてくれる保証のある誰か」なんてどこにも存在しないのです。

……恐ろしい。
なんて恐ろしいんだ。

人生ってこんなに恐ろしいものなんだっけ。
みんなよくすいすい生きてるなあ!

そんなこんなで今日はすっかり抜け殻でした。
でもね、水底をみたから、あとは蹴上がるだけ。
胃腸をからっぽにして、あしたからがんばります。



by shibe0814 | 2016-04-28 21:44 | オガワの腹ん中

お疲れ気味のあなたのもとへ行き、足を揉んだり話を聞いたり、ちょっと元気になってもらう「旅する保健室」の小川志津子がいろいろと書いてます


by 小川志津子