人気ブログランキング |

オガワの腹ん中。

ainiiku.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

季節ごとに更新される、連載『あいにいく』。
ゲストは、映画監督の篠崎誠さんです。

静かな光が、胸にともるようなインタビューになりました。
原稿からも、それが匂いたったらうれしく思います。

初めてのことに、チャレンジしています。
何しろ、写真無し。どんな人だか、どうぞ存分に想像してみてください。
あなたの脳内にうかんだ「篠崎誠」を聞かせてもらえたらうれしいです。

では、ごゆるりとお楽しみください!
by shibe0814 | 2013-03-20 11:48
この季節になると、たぶんこれから毎年、
思い出すことになるんだろうなあ、と思う光景がひとつ、あります。


ちょうど1年前。
「映画美学校」というところの事務局でのバイトを、
辞めることになっていた時期のことです。


でもここで出会った人たちと、それきりになるのが寂しくて、
私は、ある人に、思い切ってわがままを言いました。


「書くあてはありません。
 でも、これから始まるあなたの映画の現場を、
 どうか、見学させてください」。


篠崎誠、という映画監督でした。
映画の知識とかまるでない私に、
それでも、いろんな話をきかせてくれたり、
たまには愚痴ったり愚痴られたり、
そういう存在でいてくれた人でした。


見学を許されたその日は、真っ青な花見日和でした。
子供らがきゃいきゃい遊ぶ公園で、
大きな桜の木が1本、満開の花びらを散らしていて、
とても、素敵なシーンが、撮れているんだろうなあと、
思いながら、少し彼らから離れました。


ベンチがありました。
座っていたのは、おばあさん。


「これは、何かになるの?」
「ええ、映画になるんです」


隣に腰を下ろしながら私は、
このおばあちゃんにこの映画を見せるテはどこかにないものかと、
実はいまでもふと、思うのです。
とても柔らかで奥ゆかしい、人の思いを描いた作品になったから。


篠崎誠監督最新作『あれから』。
私が最後に見送ったことになる、14期生の皆さんの入魂作です。
同じスクリーンをながめながら、
きっと観る人それぞれが、それぞれ違った景色を思い、
それぞれ違った未来へ向かって一歩目を踏み降ろす、
おそらくそんな映画です。


渋谷文化村近く、映画館「オーディトリウム渋谷」で公開中。
今週を逃すと、来週はレイトショーになっちゃいます。
来週からは、「吉祥寺バウスシアター」。
こちらは1日2回です。

ぜひです。
http://arekara311.com/
by shibe0814 | 2013-03-11 10:22

しやわせ者に告ぐ。

ちょうど、1年前です。
どぎまぎと、取材のお願いメールをしたのが。

「あいにいく」第1回。
面識も実績もなんにもないフリーライターを、
笑って迎え入れてくれた、島根県雲南市の皆さん。
亀尾先生をはじめ、『異伝ヤマタノオロチ』班の皆さん。


その中から、このたび、ご夫婦がうまれることになりました。


たしか彼との最初のやりとりは、「ヨナゴでゲキダンやってるっす」的なことでした。
劇場ロビーのコーヒー飲み場で、どんな経緯か覚えてないけど、のっけから、


「エンゲキを磨くには東京へ出た方がいいのかどうか」話、になりました。


もちろん、いい面もあるけど、「上京しか道はない」わけでは決して無い、
そんなような答えを、うすらぼんやりと、返したように思います。
わたしはいつも、そんなふうなのです。
正しい答えなんてないのだってことが、ようやくわかってきたとこだから。


そう、エンゲキにかぎらず、表現って、
答えがないから、みんな揺れるし、
そしてその揺れにこそ、みんな惹かれるんですよね。
もちろん、わたしもその一人。


初対面のライターふぜいに、素直な揺れをみせてくれた彼の、
隣にはいつも、ひとまわり小さい、少年みたいな相棒がいて、
彼がなにか思い込んじゃってたりすることを私がほどこうとすると、
彼女はいつもその横で、うんうんうんっって、
何度も何度もうなずいてくれてた。
それが心強くて、言えた言葉や、投げれた質問がいっぱいあります。

だから知らせを受けたときは、
じつは、そんなにびっくりは、しなかったのです。
ああ、おさまるべきところにおさまっていく。
そんな感じがしました。


西藤将人さん。大原志保子さん。
ご結婚おめでとうございます。
そこで、そうして、笑っててください。
もし笑えなくても、絶対へいき。
ふたりには、たーんと仲間がいることを、
今日、今ごろ、痛感しているでしょう?


君らは、うらやましいくらい、しやわせ者なんだぞ。
by shibe0814 | 2013-03-03 21:08

お疲れ気味のあなたのもとへ行き、足を揉んだり話を聞いたり、ちょっと元気になってもらう「旅する保健室」の小川志津子がいろいろと書いてます


by 小川志津子