オガワの腹ん中。

ainiiku.exblog.jp
ブログトップ

★人から拒まれたくないあなたへ

初めて『あいにいく保健室』へお越しの方は → こちらへどうぞ


人から拒まれたい、って思って暮らしてる人は、
おそらく、いないんじゃないかと思います。


「俺もう誰にどんなヒンシュク買ってもへーきだわ」
って腹くくった感でおっしゃる方もあるとは思いますが、
でもそれは、別のどこかで、別の誰かに、
圧倒的に受け入れられているという実感があってのもの。


誰っっっっひとりとして俺を愛してくれるな、
何がなんでも拒まれたい!!っていう人は、
たぶん、いないと思うのです。


人は、人から、受け入れられたい。
最初の落とし穴は、まずここにあるように思います。


先に結論を言ってしまうと、
「受け入れられたい」と「拒まれたくない」は、
とても似ているけれど、別ものです。


例えば、大好きな誰かができたときに、
「受け入れられるためにどうするか」と、
「拒まれないためにどうするか」が異なるのと同様にです。


「拒まれないためにどうするか」の根底には、無意識のうちに、
「相手はおそらく自分を拒む」という前提がひそんでいます。


これがやっかい!
とーーってもやっかい!!


「拒まれないためにどうするか」を考えてる時点ですでに、
「自分とは、拒まれるべき存在なのだ」を了解しちゃってるからです。


自分は、あの人(あるいは仕事とか夢とか)に見合う存在ではない。
そう思って自分のスタートラインを、
自分で何十メートルも下げちゃってるわけです。


そりゃー疲れるわ!
人より余計に走ってんだから!


しかも、拒まれないために、常に笑顔で。
つらいとか悲しいとか疲れたとかはひた隠しで。



特に人から嫌われてはいないはずなのに、
みんな笑ってくれているのに、
自分はどうしてこんなに寂しいんだろう。
そんなふうに思う人は、いませんか。


好かれる努力なんか全然してない(みたいに見える)のに、
あっけらかんとみんなに愛されてる人を前にすると、
心がやさぐれてしまったり、しませんか。



私は、します!!(断言)



ええ。私もです。私も小さい頃から、
「自分は世界から拒まれる」を前提に走ってきました。
そうならないためにどうするか、ばかりを探して走ってきました。


おかしいなあ、ってずっと思ってました。
みんな笑ってくれてるのに、その笑顔を信じきることができない。
人と会って話をするだけで、普段の何十倍も疲れちゃう。


その理由に気づいたのは、つい最近のことです。
そうかそうか。私は、人より余計に走ってたのか。
だから人よりくたびれるし、やさぐれるんだな。



ですから私はここからは、
「自分は、世界から拒まれない!」という実感を獲りに行こうと思っています。


人より余計に走らなくても。
何らかの修行とか拷問とかを耐えなくても。
自分は、自分のままで、拒まれない。受け入れてもらえる。
それを確かめる日々を生きます。



「拒まれないために」生きているあなたへ。
まず、自分が置いてたスタートラインを疑ってみませんか。
あなたのスタートラインは、本当にそこで良いですか?
それじゃあまりにもゴールから遠くないですか。
走りきれますか? ほんとうに?


何ならゴール際まで持ってきちゃいましょう。そのスタートライン。
「すでに自分は受け入れられている」、
その証拠ばかりを、五感全開で探してまわりましょう。


家を出ます。駅へ向かいます。電車に乗ってみます。
誰も拒みません。Suicaのチャージさえあれば。


電車を降ります。よさげなカフェがあります。
入ってみましょう。誰も拒みません。
むしろ「いらっしゃいませ」って言ってくれます。


お金がなければ、そうですね、公園へ行ってみましょうか。
空を見ましょう。太陽も、薄雲も、あるいは雨だって、
分けへだてなく、降り注いでいます。誰も拒みません。



「今日は拒まれなかった」の実感だけを数えあげながら1日を終えてみるのです。



もちろん、自分ひとりじゃ見つけられないときもあるでしょう。
そんなときは、どうぞ保健室へおいでください。
一緒にひとつひとつ、拾いあげてみるとしましょう。


メニュー表は → こちらからどうぞ

[PR]
by shibe0814 | 2016-12-10 17:25 | あいにいく保健室

お疲れ気味のあなたのもとへ行き、足を揉んだり話を聞いたり、ちょっと元気になってもらう「旅する保健室」の小川志津子がいろいろと書いてます


by 小川志津子