オガワの腹ん中。

ainiiku.exblog.jp
ブログトップ

揉まれたおしてみた。

初めて「あいにいく保健室」にお越しの方は → こちらへどうぞ


いやあ師走です。
ツイッターやらフェイスブックやら見てると、
うわあーみんなご多忙なんだなー!って思います。

私は何してるかというと、
ええとね、背中を痛めまして。
この数日は、整体院で、揉まれたおす日々でした。
だいぶよくなった。

しかしあれです、その整体院の先生はね、
背中を揉みながら、ずーーーっとしゃべってるんですよ。

背中の筋肉のしくみについて。

ここにあるなんとか筋がここにつながっているから、
ここに痛みが出るということは、こっちの筋肉が摩耗してる可能性が高くて、
だから痛いところだけではなくて、全体をゆるめる必要があるんですー。
ちなみにそのなんとか筋というのは、視神経にもつながっているから、
ここが凝るっていうことは、目の使いすぎかもしれませんねー。

40分間ほぼしゃべりっぱなし。
すごくていねいな明石家さんまだ。

うつぶせになって、背中をぐいぐい押されてる私は、
ふるえる声で相づちを打つのでせいいっぱいです。

でも「どこの筋肉に何をしているか」を理解した上で施術を受けると、
説得力がありますね。ほんとに効いてる気がする。
いや実際効いてるんですけど。

「はい、ここからは深く行きますよー」って言われて、
すっごい力で、ぐいーーーっと押されて、
「痛いですか」
「痛いです」
「そうですか、でもここはもうちょっとがんばりましょう」
ぐいーーーー。
「ひーーーー」

じゃあなんで聞くんやーー!

私がやってるみたいな「癒し系」マッサージにはないやりとりです。
はっきりと、「治療」なんですな。
「気持ちよくゆるみたい」人がここに飛び込んじゃったら、
ちょっとどうなっちゃうんだろうっていうくらいの荒行です。

師走に走ってる皆さん。
もし、気持ちよくゆるみたかったら、
ぜひ保健室へどうぞ。




[PR]
by shibe0814 | 2016-12-04 12:46 | あいにいく保健室

お疲れ気味のあなたのもとへ行き、足を揉んだり話を聞いたり、ちょっと元気になってもらう「旅する保健室」の小川志津子がいろいろと書いてます


by 小川志津子