オガワの腹ん中。

ainiiku.exblog.jp
ブログトップ

【本日の保健室通信】2016/09/10編

今日来てくれたのは、「演劇ライター」時代に、
フリーペーパーの編集さんとして知り合った、
ちょい年下の女子でした。

いつの間にかオガワさんのことを好きでいてくれて、
なにかにつけて喜ばせようとしてくれる人です。

今日はね、「誕生日に渡せなかったからー♪」って、
きれいきれいなケーキと、マグカップとコースターと、
おしゃれな茶葉を2つも、持ってきてくれました。

c0241437_03092922.jpg

c0241437_03093032.jpg


仕事でもプライベートでも、
自分より相手を楽しませるぞ!ってことに、いつも全力な彼女。

私より年下とはいえ、会社では「中間管理職」です。
自分のポリシーと、上から求められることとのギャップに、
ちょっと苦心してる気配が見えたけど、

でも話をそっちに向けると、
自分の「正しい」をきっぱりと信じて揺らがないので、
じゃあまあ、今は横に置いとこう。と思って足もみを始めます。
「じゃ、この台に右足を投げ出してくださーい」。

……ここです。非常に興味深い現象が起こるのは。

うまく足の力を抜けない人、
台にだらんと足を委ねることができない人が少なくない!

こないだの友だち夫婦しかり、今日の女子しかり。
これから足を揉むっつってんのに、緊張が解けないんです。

膝下の、すねとかふくらはぎを揉もうとすると、
自分でそっと足を持ち上げてくれちゃうのね。

……これ、それまで育ってきた生活や価値基準と、
実は関わりがあるんじゃないかと思うんです。

とくに、膝に力が入っちゃうなんてのはさ。
「何かあったらすぐ立ち上がれるスタンバイ」でしょう。

もし、横から「おかーさんおなかすいたー」って言われたら。

もし、自分よりも相手が楽しんでくれてるかどうか、
全身アンテナびんびんにする習慣が、全身に染みついちゃってたら。

……ある意味、それが彼女たちの幸せなのだってことはわかりつつも、

でもみんなが、夜、寝る前だけでも、
ただただ自分のためだけに、全身の力を抜いて深呼吸する、

そんな時間を持ってくれたら、いいなあって思ったのでした。
おやすみなさい。


by shibe0814 | 2016-09-11 00:02 | あいにいく保健室

お疲れ気味のあなたのもとへ行き、足を揉んだり話を聞いたり、ちょっと元気になってもらう「旅する保健室」の小川志津子がいろいろと書いてます


by 小川志津子