人気ブログランキング |

オガワの腹ん中。

ainiiku.exblog.jp
ブログトップ

自分で決める卒業

暑いですね。
とろけてませんか。
私はとろけてます。

さて。
今日は、これから「卒業式」です。
卒業生は私。先生や来賓の皆さんはいません。

晴れて、ひとり卒業式です。

足もみ研修を終えたら務める予定だったお店を、
さっき、辞退してきました。

やばい、と思い始めたのはひと月、いやもっと前か。
ひと月半ぐらい前のことです。

習う施術が確実に、私の基礎体力を超えている。

「自分には向いてないのかな」「でもガマンしなきゃいけない」
「なぜなら私はがんばらないと生きていく資格がない人だから」。

えーーらいがんばりました。
汗っっだくになってね。
そして、ただただ、つらく悲しくなりました。
当然です。「自己否定」をすべての前提にしてるんですから。

「手に何の職もない私はこの道を頑張らないと後はない」
「自分の意志で決めた道なのだから最後までまっとうしなくちゃいけない」。

どんっどん猫背になります。
研修以外のことが、目に見えてできなくなっていきます。
具体的に言うと、古紙ゴミがたまります(笑)。
ごはん何たべよう、がすでに面倒です。
友だちと飲みに行くとか、映画やお芝居を観にでかけるなんて、もってのほかです。

おかしいな。
実家帰っておかーさん揉んであげたり、
友だち呼んで練習台になってもらったり、
そういうのはとっても楽しかったのに。

おかしいなーおかしいなーって思いながら研修を重ね、
だんだん基礎体力もついてきて、
ハードな施術もこなせるようになってきて、
やがて、ひととおり全部の施術を、できるようになりました。

「あとは、制限時間内にすべての施術を入れ込む練習と、
 お客様をお迎えして送り出すトークをよどみなく覚えること!」

ここまで、来たのです。ついにここまで。

……ちーーともうれしくないのーーー!

脳みそが、心が、それらを全力で拒みます。
やだちょっと何ごとですか。私は私に尋ねます。


私がやりたいのは、お店の規格通りの店員さんになることではなく、
相手の状況とニーズに応じて、足もみやらコーチングやらただのおしゃべりやら、
それはそれは自由に形を変える、

大人のための移動保健室なのです!!


……出た。やっと出ました本音が。長かった……

そうと決まったら1日も早く、その準備に乗り出さねばなりません。
ありがたいことに、相談相手になろうとしてくれるコーチングの先輩がいます。
前人未到の「足もみコーチング」を受けてくれるという友人も複数います。

「石の上にも三年」と申します。
「辛抱が足りん」とおっしゃる方もいるでしょう。でもね、

辛抱してたらいつまで経っても私の人生は始まらないのですーー!

やだ。もう待ってられない。私から獲りに行く。
そんな気持ちです。だから、

今日の卒業式はね、奮発して「獺祭」小瓶を購入。
近所のスーパーで普通に売ってた。ラッキー。







by shibe0814 | 2016-08-16 14:07 | オガワの腹ん中

お疲れ気味のあなたのもとへ行き、足を揉んだり話を聞いたり、ちょっと元気になってもらう「旅する保健室」の小川志津子がいろいろと書いてます


by 小川志津子