オガワの腹ん中。

ainiiku.exblog.jp
ブログトップ

奇跡って普通にある。

今年の取材始めは、とあるお芝居のパンフレットで、
若手イケメンくんと、私とほぼ同世代の演出家さんの対談でした。

そのお芝居は10年近く続いてるシリーズものなのだけど、
イケメンくんは6年前、劇場最前列ど真ん中でそれを観て、
「ああ俺はこの舞台に出る! 役者になる!」って決めたんですって。

高校生、だったんですって。

ああ、自分たちはそういう世代になったのだ、って思いました。
私が高校の頃は、ひと世代上のおにーさんおねーさんたちがかっこ良くて劇場に通ったけれど、
ぼーっとしてる間に、こっちが憧れ「られる」側の世代になっちゃったのだと。

そしてもうひとつ胸を突いたのは、
彼らがコトを始めて、今日までの時間をかけて、
芝居や踊りや殺陣がうまくなったり、演出家として成長したり、してる間に、

あたしは何してたんだ……? ってこと。

逆に言えば。
私がずっと「今できる範囲のこと」のみを重ねて足踏みしてた間に、
彼らははっきりと、その範囲外のいろんなことを獲得して、それをここで開花させてる。

それだけの時間が、すでに、経っちゃってる。

イケメンくんは「今までいろんなことをごまかしながら帳尻合わせてやってきちゃったことを痛感中です」って言ってたんだけど、
まさに、今、私がそれです!……だなんて、まあ、言えなかったですけどね。あの場では。

そんな「松田凌」くんがご出演の舞台『URASUJI 2015 綱渡り』は、
1/28からザ・スズナリにて上演でございます。
http://www.urasuji.info
[PR]
by shibe0814 | 2015-01-10 12:34

お疲れ気味のあなたのもとへ行き、足を揉んだり話を聞いたり、ちょっと元気になってもらう「旅する保健室」の小川志津子がいろいろと書いてます


by 小川志津子