オガワの腹ん中。

ainiiku.exblog.jp
ブログトップ

まじすか。

ええとね。

去年の今ごろ、第一回で、意気揚々と訪ねた島根は雲南で、
今年も、先生たちの演劇づくりがはじまっています。

http://ameblo.jp/unnan-engeki/

今回の演目は「水底平家」。
先生が生徒に書き下ろした意欲作を、
またしても大幅な大改訂のもと、
皆さんふんばって創作に邁進しておられます。

でね。
Twitterでなんとなくの響きが聞こえてくるから油断してたけど、
すごくひさしぶりに、上記のブログをひらきましてね。

「センセーが出る!」

っていう選択が示されていて、のけぞっておる次第です(笑)。

いやいやいや、ついこないだすげー改訂してタイヘン、
ってどっかで誰かが言うてたのに。


そういう人たちなのですね。
多少の違和感があっても、見ないふりして、
都合のいい人たちだけで、無難に期日までにつくればいいじゃん、
とかいう選択肢を、彼らは選ばない。

それって、同時に、しあわせなことだなあとも思うのですよ。
「見ないふり」するしかない現場がいっぱいあるから。

いや、往々にして、
「見ないふりすることでの発見」とかもあったりするから、
一概には言えないのだけれど。

すべては、現場でおこること。

ただその、開演前の円陣で、意気込むみんなに向けて、
時代劇姿で訓示をたれる演出家を想像するとおかしくて(笑)。

みんながんばれよー!
[PR]
by shibe0814 | 2013-02-16 18:43

お疲れ気味のあなたのもとへ行き、足を揉んだり話を聞いたり、ちょっと元気になってもらう「旅する保健室」の小川志津子がいろいろと書いてます


by 小川志津子